スポンサーリンク
スポンサーリンク

リンツのチョコレートの賞味期限切れはいつかと表示の見方は?保存方法

リンツのリンドールチョコレートの賞味期限や表示の見方は?賞味期限・日持ち
この記事は約6分で読めます。

「リンツ」は、スイスの高級チョコレートブランドで、世界120か国以上で愛されています。

リンツは、チョコレートや焼き菓子が販売されており、特に有名で人気なのが「リンドール」というチョコレートです。

リンドールは、飴玉のように丸い形のチョコレートで、色鮮やかな包装紙で包まれていて可愛らしいです。

種類も豊富で、どれもおいしそうなので全種類食べてみたくなります^^

贈り物にも喜ばれるリンツのチョコレート。

そこで今回は、リンツのチョコレートの賞味期限や保存方法についてまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

リンツチョコレートの賞味期限は?

リンツのチョコレートを贈り物として渡す場合、賞味期限が気になりますよね?

また、チョコレートの中では高級なチョコレートの部類に入るので安い時に買いだめしたいと思う方もいるのではないでしょうか。

そんなときに気になるのが賞味期限。

一般的なチョコレートの賞味期限は、半年~1年間とされていますが、リンツのチョコレートはどうでしょうか?

リンツの商品である「リンドール」「ショコラサンド」「焼き菓子」の賞味期限について見ていきたいと思います。

リンドールチョコの賞味期限は?

リンツのホームページで確認したところ、オンラインショップで販売しているものは

「1か月以上のものをお送りしております。」

と記載してありました。

しかし、具体的な日にちや明確な賞味期限の記載はありませんでした。

オンラインで販売されているものは通常であれば1か月は持つような状態ですが、店舗で販売されているリンドールの賞味期限は、常温保存で10ヶ月とされています。

しかし、これは製造から10ヶ月なので、購入から10か月ではないので注意が必要です!

販売されてからの賞味期限となるとだいたい1か月以上はあると思ってもらえればいいのではないでしょうか。

リンドールは、飴玉のように丸い形をしており、チョコレートが2重構造になっています。

外側はパリッとしたチョコレートで、中にはとろっととろけるようなチョコレートが入っています。

一度に二度食感を楽しむことができる贅沢な味わいです^^

リンツのショコラサンドの賞味期限は?

続いてリンツのショコラサンドの賞味期限ですが、公式のオンラインショップによると、

「一週間以上のものをお送りしております。」

と記載してありました。

リンツはリンドールというチョコレートが有名ですがショコラサンドも販売されていて人気なんですね。

香ばしく焼き上げたサブレに濃厚なチョコレートをサンドしたショコラサンド。

・70%カカオ
・ミルク
・オレンジ
・フランボワーズ

の4種類のフレーバーがあり、それぞれ魅力的な味わいです^^

やはりチョコレートと比べてショコラサンドは賞味期限が短いようです。

リンツの焼き菓子の賞味期限は?

続いてリンツの焼き菓子の賞味期限ですが、こちらも公式のオンラインショップによると、

「一週間以上のものをお送りしております。」

と記載してありました。

リンツの焼き菓子とショコラサンドはほぼ同じ賞味期限ですね。

焼き菓子は、7種類のサブレやブラウニー、フィナンシェ等があります。1週間以内であることを加味した上で贈り物をするのがよいでしょう。

リンツのチョコの賞味期限間近のものは安い?味は変わらない?

リンツのリンドールの賞味期限は常温で10ヶ月とされていますが、アウトレットではセール価格で販売されているものがあります。

アウトレットでのセール価格で販売されているのは、賞味期限が短いという理由でお安い状態で販売されているんですね。

賞味期限を長くとる必要がないのであれば、賞味期限が短いものでもお得に購入できるのは嬉しいですね!

リンツのアウトレットでは、「ピック&ミックス」という販売がされており、自分で好きなだけ袋詰めして量り売りで購入するというものです。

ただし、ピック&ミックスで購入する場合は、透明の袋に入れるので、賞味期限の記載がありません。

賞味期限が切れているものは販売しないと思いますが、賞味期限が間近に迫っているものを販売している可能性が高いと思われます。

なので、アウトレットで購入する場合は、購入してからなるべく早く食べ切るようにするのがおすすめです。

また、リンツのチョコレートの賞味期限が短いようなアウトレットで販売されているものに対して、味は変わるのかということですが、賞味期限が切れたわけではないので味はさほど落ちていないと考えられます。

リンツのチョコレートは楽天市場などでお安く手に入れることができますのでぜひ確認してみてくださいね。

 

リンツのチョコの賞味期限切れは食べられる?

リンツのリンドールには、様々な乳製品が使われていますので、賞味期限が切れたものは食べないのが無難です。

一般的なチョコレートは、賞味期限から1ヶ月過ぎても適切な保存がされていれば食べられるようです。

ただし、生クリームや果物、ナッツが入ったものは日持ちがしないので、賞味期限を過ぎたら傷んでしまう可能性が高いです。

こればかりは自己責任になりますね…。

リンツのチョコの賞味期限の見方は?表示はどこにある?

リンツのチョコレートの賞味期限の表示はどこにあるのかというと、箱の裏に記載されています。

海外の商品は、賞味期限の見方が分かりにくいですよね…。

例えば、「07/2022」と記載してあれば、賞味期限は2022年7月末になるということです。

量り売りで販売されている場合は、パッケージが透明の袋になるので、この場合は賞味期限は記載されていません。

賞味期限が記載されていない場合は、購入してから一ケ月以内には食べ切るのがおすすめですが不安な場合はお店の人に確認するのがよいですね。

スポンサーリンク

リンツのチョコレートの保存方法は?常温はNG?

最後にリンツのチョコレートの保存方法についてです。

リンツの公式ホームページには、

「チョコレートは通常高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。」

と記載してありました。

また、温度に関しては

「通常14度~18度が適温となります。」

とのことですので、夏場や暑い日以外は常温保存で問題ありません。

チョコレートが溶けてしまうのが心配な時、冷蔵庫に入れて保管しがちですが、冷蔵庫で保存するとブルーミングの原因となるので注意が必要です。

ブルーミングとは、チョコレートの中の砂糖や油脂が溶け出て、白っぽく変化する現象のことを言います。

ブルーミングが起きても食べられないことはありませんが、せっかくのリンツのチョコレートですからおいしさを保つためには冷蔵庫の保存は避けましょう。

リンツのチョコレートの賞味期限まとめ

世界で愛され続けているリンツのチョコレート。

一般的なチョコレートと違い、リンツのチョコレートは賞味期限が短いことがお分かり頂けたかと思います。

購入する際には、あらかじめ賞味期限を確認し、おいしく食べていただきたいと思います^^

また、プレゼントやお祝いで渡す場合も、賞味期限を伝えてあげると親切かも知れませんね。

リンツは店頭やネットでも購入できるので、是非食べてみてください!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました