スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナッツを食べ続けた結果について効果は女性だとどうなる?

続けた結果検証
この記事は約7分で読めます。

ナッツと言えば、お酒のおつまみやおやつに簡単に食べられる上、ビタミンや栄養が豊富ですよね。

ついつい食べたくなってしまうナッツですが、ビタミン以外にナッツを食べると効果的な事はあるのかと疑問に思う人も多いと思います。

しかも、ナッツは比較的カロリーも高いので、食べすぎてはいけない気がするけど、実際どうなのか気になりますよね。

今回はナッツを食べ続けた結果、効果が女性だとどうなるのかについて調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

ナッツを食べ続けた結果、効果は女性だと?

ナッツを食べ続けた結果について、食べ続けるとがんを予防する効果が高まります。

特に女性は子宮がんや、乳がんになるリスクがあるので、普段の食事に少し加えるだけで、がんを予防できるのは嬉しいですよね。

近年ではダイエットにも効果的だと話題のナッツに類には不溶性の食物繊維が豊富で、腸の動きが活発になる事で、便秘解消の効果が期待できます。

女性の中には一度は便秘に悩んだという方が多くいると思いますが、ナッツ類を食べ続けた結果によって、便秘に悩むこともなくなりそうです。

さらに、ナッツに含まれる食物繊維はゆっくりと消化される為、腹持ちを良くしてくれます。

なので、食前30分~1時間前に食べる事で、食事の量を抑えることができ、ダイエットにもつながります。

また、女性は冷え性の方が多いと思いますが、ナッツ類は冷え性にも効果があります。

ピーナッツの脂質は血管を拡張し体温を上げてくれますので、体温がゆっくり上昇し、体温が上がった状態を長く維持してくれます。

ナッツに含まれるビタミンEは血行促進の効果もあるので、冷え性改善効果も期待できそうですね。

現在、人気なのがミックスナッツ。4種類のナッツが送料無料でお買い得価格で買えます。こちら、楽天市場のランキングで常に上位に入っている人気商品です。

ナッツを毎日食べるとアレルギーになる?

ナッツを毎日食べるとアレルギーになるかというと、毎日食べたことによりアレルギーを発症するとは限りません。

しかも、ナッツアレルギーは耐性がつきにくく、果物や卵の様に加熱調理をすると逆にアレルゲンが強く出てしまうので、注意が必要です。

ナッツは栄養豊富なので、適量を毎日食べ続ける事は健康維持の為にも良いのですが、食べ過ぎるとデメリットに繋がることもあります。

では、ナッツを食べ過ぎるとどんなデメリットがあるのかと言うと、太る・肌荒れ・便秘や下痢です。

ナッツはカロリーが比較的高いので、食べすぎはダイエットどころか逆に太ってしまいます。

さらに、アンチエイジングにも効果的なナッツですが、バターや塩、チョコレートで味付けされたナッツは脂質や糖質、塩分過多になり、皮脂の過剰分泌からニキビになってしまうので、気を付けましょう。

ナッツは腹持ちが良いためダイエットにも効果的ですが、消化が悪いので食べ過ぎると便秘や下痢、腹痛を引き起こしてしまいます。

ナッツ類はとても体に良い栄養も豊富なので、ぜひ適量を守って摂取するようにしましょう。

 

ナッツの一日中の摂取量は?

ナッツの一日中の摂取量は25gが適量と言われていますが、摂取量はナッツによっても異なりますので一部ご紹介します。

アーモンド25粒・ピスタチオ43粒・クルミ/カシューナッツ/ヘーゼルナッツ25gです。

しかし、毎回軽量するのは大変!と思う方もいると思いますので、片手でひとつかみを目安にするか、最初に計量して一日の摂取量を小分けにするのが良いかもしれませんね。

ナッツの食べすぎには注意が必要ということでしたが、ではどのくらいが食べすぎになるかと言うと、一日の摂取量を超えて摂取してしまうと、カロリーもかなり高くなってしまいます。

一日の摂取量25gですが、25gでおよそ200キロカロリー前後となります。

なので、それを超えて摂取してしまうと、カロリーオーバーで太りやすくなりますし、吹き出物ができてしまったり、便秘になりやすくなってしまいます。

 

体にいいナッツランキング

体にいいナッツをランキングで順番にそれぞれのナッツの効果や栄養素とともにご紹介したいと思います。

かぼちゃの種

かぼちゃの種は体に非常にいいです。ナッツの中でも1位に相当するぐらいです。

かぼちゃの種は、高血圧予防ができるカリウムや女性に不足しがちな鉄分や亜鉛、マグネシウムが豊富ですので、栄養バランスの取れた食事を心がけたい方にとっても、とても良いのではないでしょうか。

こちらはレビューでも高評価のかぼちゃの種。サクサクして美味しいのでオートミールと混ぜたり、アーモンドと混ぜたりして食べている人もいます。

また、睡眠の質を改善してくれるトリプトファンと言うアミノ酸も含まれている為、質の良い睡眠がとれて、疲れも取れやすくなるかもしれません。

ピスタチオ

ピスタチオにはオレイン酸・カリウム・カルシウム・鉄分・ビタミンB群が含まれています。

血液をサラサラにし、高血圧の予防にも効果的で、貧血防止の鉄分や代謝アップしてくれるビタミンB群が豊富なので、女性にとっても良いことづくしですよね。

こちらは無添加のピスタチオ。ピスタチオ単品だと結構高いイメージでしたが1キロの大容量で送料無料でこの価格は思ったよりお安い!!

マカダミアナッツ

マカダミアナッツはオレイン酸が含まれているため、便を柔らかくしてくれるので、便秘解消に効果的です。

また、女性には嬉しい冷え改善にもなります。

マカダミアナッツだけだと結構割高なので、ミックスナッツがおすすめです。まずは安くお試ししたいならこちらのミックスナッツ。

アーモンド

アーモンドは、腸内環境を整えてくれるアーモンドの食物繊維は、なんとごぼうに2倍もあるんです。

噛み応えのあるアーモンドは満腹感を得やすいので、食事の食べすぎを防いでくれてダイエットにも効果的!また、動脈硬化やがん予防にもなります。

最近はアーモンドミルクなんかも注目を浴びていますよね。素焼きのアーモンドであれば2022年の楽天グルメ大賞を受賞したこちらのアーモンドが安くてお試しにも持ってこいです。

くるみ

くるみは、aリノレン酸の含有量がナッツ類の中で最も多く、動脈硬化を予防し、中性脂肪を減らしコレステロール値を下げてくれます。

また、ポリフェノールも赤ワインより豊富なので、生活習慣病の予防にも効果的です。

くるみは単品ではお菓子作りに活用する人も多いです。こちらの生クルミはケーキ屋さんでも使われるクルミです。

ナッツの保存方法、小分け方法は?

ナッツの保存方法(小分け方法)はと言うと真空パックに入れて保存するのが一番お勧めです。

ナッツの状態にもよりますが、ナッツは油脂を含んでいるので、酸化を防がないと風味が変わってしまいます。

また、ビタミンなどは光に弱いため、真空パックをアルミホイルで覆うなど、光を遮断した方が、栄養価が下がらず保存できて良いです。

ナッツを小分けにする方法はと言うと、一日の摂取量ずつジップロックなどに入れる方法があります。

しかし、酸化を防止する為にはできるだけ空気にふれさせないようにした方が良いので、空気はできる限り抜いた方が良いです。

それ以外の保存方法としては、ハニーナッツも甘いものが好きな人にはお勧めの保存方法の一つです。

ナッツのはちみつ漬けにして保存する方法は、新しいはちみつと熱殺菌した瓶があれば簡単にできます。

はちみつは殺菌効果が高いので、ハニーナッツにすることで酸化をかなり遅れさせることができ、保存性が高く、美味しく保てて、さらに見た目がオシャレですよね。

まとめ

今回はナッツを食べ続けた結果、どんな効果が期待できるのか、女性に嬉しい効果はあるのかというのを調査しました。

ナッツの食べ過ぎは良くないですが、日々食べ続けることで、色々な効果が期待できるナッツ類は栄養価が豊富で女性に嬉しい冷え性の改善やがん予防にも良い事がわかりましたよね。

腸内環境を整えてくれるので、特に女性や野菜が苦手な方も手軽に食物繊維を摂取できて便秘解消に効果的です。

いろんなナッツがあるのでそれぞれの栄養素を補いたいという人にはミックスナッツがおすすめです。お試ししやすい価格で送料無料!

筆者もナッツは大好きですが、今回気になったのは保存方法です。

酸化防止のために真空パックはなんとなく想像できましたが、ビタミンは光に弱いのは目から鱗でした。

ナッツを保存するときは真空パックやジップロックに入れてアルミホイルで光を遮断しようと思います。

ハニーナッツも魅力的ですよね?!しかし、カロリーも気になってしまうので、一日のナッツ摂取量に関係なく少なめにした方がよいですね。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました