スポンサーリンク
スポンサーリンク

豆苗を育てると何回まで再生できるのか限界は?何日で育つのか食べ頃が何センチかも

豆苗を育てるとどうなる?再生は何回までが限界?グルメ
この記事は約4分で読めます。

シャキシャキ食感がやみつきになり、栄養価が高いことで好まれる野菜の豆苗。

豆苗は水栽培ができ、購入後に根を捨てなければ再収穫できることから、家庭で栽培する方もたくさんいらっしゃいます。

豆苗はサラダや炒め物、スープなどの調理に使われ、万能な野菜です。

ちなみに私は、豆苗のにんにく炒めが大好きでよく食べています^^

家庭で簡単に栽培ができ、一度食べても再収穫が可能であれば節約にも嬉しいですよね!

今回は、豆苗を育てると何回まで再生できるのか、豆苗の生長後についてなどをお話ししますので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

豆苗を育てると何になるの?

豆苗は、えんどうの種を発芽させ、「伸びた茎や葉」の部分のことを言います。

豆苗を育てると何になるのかというと、豆苗を育てて大きくなると、以下の野菜に変化します。

豆苗は育てるとさやえんどうに

豆苗は育てるとさやえんどうになります。

さやごと食べられるさやえんどうは、卵とじや炒め物にしたり、煮物にしたりするとおいしいですよね^^

シャキっとした食感がたまらなくおいしい野菜です。

豆苗は育てるとグリーンピースに

豆苗は育てるとグリーンピースにもなります。

豆苗が大きくなり、さやの中の未熟な実がグリーンピースとなります。

グリーンピースごはんやスープに使われ、ほっこりとした食感が楽しい食材です。

豆苗は育てるとエンドウ豆に

豆苗を育てるとエンドウ豆にもなります。

豆苗が大きくなり、サヤの中の未熟な実がグリーンピースとお話ししましたが、完熟した豆がえんどう豆となります。

赤えんどうや青えんどうとして、みつ豆や甘納豆に使われます。

えんどう豆は健康食品として注目されており、食卓に積極的に取り入れたい野菜です。

豆苗一つでも場所によって、さやえんどう、グリーンピース、エンドウ豆とそれぞれ違うものに育つんですね。

もし、さやえんどう・グリーンピース・えんどう豆として育てたい場合は、土に植えることで栽培が可能となります。

土から出た芽が育つ様子は、たとえ少量でも嬉しいですよね。

興味のある方は、さやえんどう・グリーンピース・えんどう豆の栽培も是非試してみてください!

豆苗は何回まで再生できるのか限界は?

豆苗は、購入後に根を捨てなければ再収穫ができますが、再生は無限ではありません。

豆苗が何回まで再生できるのかというと、最大2回まで再生ができると言われています。

豆苗の限界を考えると3回目は再生できないわけではありませんが、水栽培なので根が腐ってしまいやすくなります。

また、豆苗の使い回しとして3回目は生長がゆっくりで、茎が細くなりやすくて風味も落ちてしまいます。

株の様子をよく観察し、元気が良さそうであれば3回目の再生を試してみると良いと思います。

カビが生えたり、黄色く枯れてしまうなどの様子が見られた場合は、その後の再生をおすすめしません。

豆苗をおいしく頂くためにも、再生は2回までにすることをおすすめします!

豆苗は何日で育つもの?

豆苗が何日で育つのかというと、育て始めてから7~10日間かけて生長し、収穫することができます。

しかし、購入した時と比べると、茎の太さや量などは多少変わってきます。

日当たりと風通しの良い場所に置き、毎日朝と夜に水を替えることで生長しやすくなります。

豆苗の食べ頃は何センチ?

豆苗の食べ頃は、だいたい長さ15センチ~20センチくらいになってからになります。

あまり育ちすぎてしまうと筋っぽくなったり、風味が落ちやすくなったりしてしまうので注意が必要です。

一週間経った頃に豆苗の長さを計り、食べ頃を狙っていただきましょう!

豆苗を上手に再生させる切り方は?

豆苗を上手に再生させる切り方はというと、スーパーで購入した豆苗を再生する場合は、短く切りすぎないようにするのがポイントです。

豆苗の下の方の芽の部分を残して切ることで、上手に再生できると言われています。

分かりにくいかも知れませんが、豆からだいたい3センチ上の部分を切ると良いでしょう。

正しく切ることで再収穫が叶います!

豆苗を上手に再生させる育て方は?

豆苗を上手に再生させる育て方としては、先程挙げた切り方も重要になってきますが毎日のお手入れお世話も重要です。

豆苗は水耕栽培で2回目の再生も可能で、家の中で育てることができます。

家の中でも暗い場所ではうまく育たないため日当たりはしっかり考えた方が良いですね。また、できる限り風通しの良い場所というのも確保しましょう。

そして、水を変える頻度ですが、毎日2回、朝と夜に変えてあげるのがベストとなります。

豆苗の再生まとめ

栄養価が高く、家庭で簡単に再生ができることで節約にも喜ばれる豆苗。

豆苗は最大2回まで再生が可能で、育て方もとても簡単です!3回目も再生できないことはないですが限界としても2回と考えてよいでしょう。

家庭で栽培すると愛着も沸き、収穫も楽しめると思います。

今は100均で豆苗用のプランターが販売されているほど、豆苗の栽培が人気となっています。

豆苗を栽培したことがない方や、豆苗の栽培にチャレンジしてみたい方は、是非試してみてください^^

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました