スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベビーフットの効果をあげるコツは?足裏の角質パックで失敗する原因はコレ

ベビーフットの効果を上げるコツ。失敗する原因は?お役立ち情報
この記事は約6分で読めます。

サンダルを履く季節、削らない角質ケアとして長い間人気を誇るベビーフット。
近年ベビーフットの商品を試したことがある人が増えてきているようです。

しかしベビーフットを使用しても、

「買ったのに効果がなかった」
「やっぱり私のカチカチ踵にはびくともしなかった」
「口コミのように皮が全然剥けなかった」

と感じた人も多いのではないでしょうか?

かかと(踵)が綺麗になるコツはなんなのでしょう。

ということで、今回はベビーフットの効果をあげるコツや失敗する原因についてお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

ベビーフットの効果をあげるコツ・効果的な使い方は?

ベビーフットの効果をあげるコツ・効果的な使い方は、以下の三点に気を付けてください。

☆パッチテストをきちんとする
☆下準備をしっかりする
☆ベビーフットをするタイミングを考える

パッチテストをきちんとする

ベビーフットはパッチテストをきちんとすることをおすすめします。

角質を削らないとはいえ、お肌に合わない人もいるかもしれません。しっかりとパッチテストは済ませておきたいところです。

ベビーフットの商品の中には、小さなパッチテストが付属として入っています。

このパッチテストには、安全に使用できるように、パッチテスト用のジェルが入っています。ベビーフットを実際に使用したい二日前に、パッチテストをしておくと良いです。

使い方は、とても簡単なのでご安心ください。

コツとして、足の甲にジェルを10円玉程度の大きさに塗り60分放置します。放置時間はしっかり守りましょう。

その後石鹸で綺麗に洗い流します。洗い流した後に普段となにか違う様子がないか、確認します。

下準備をしっかりする

しっかりと効果を出すコツとして、使用する前の下準備をしっかりとしておくことが
大切です。

それは、使用する前にお湯で足を温めておくことです。

この時に最低でも、5分から10分はしっかりと温めてあげることで、角質が柔らかくなりやすく、
うまく角質がとれるようになります。

温めない状態の場合、角質が固いままなので効果も半減してしまいます。

ベビーフットをするタイミングを考える

べビーフットをする最も良いタイミングは夏場以外です。

夏場の場合、気温が温かいのでベビーフットにも適しているのかと思いきやそうではないんですね。

なぜなら、基本的にベビーフットはかかとが綺麗に剥け終わるまでに2~3週間はかかります。

その間、たいていボロボロと皮むけが酷いので脱皮中に靴下を履いて過ごせる時期が最適だからです。

また、足の裏の角質は主に刺激と乾燥が原因となっています。

普段からハイヒールや革靴などで少しずつ厚みが増していき、夏になり素足になると一気に乾燥してどんどん分厚くなります。

夏の終わりごろが厚みも角質の範囲もピークということになります。

つまり、夏に向けて一度、夏の終わりに一度。このタイミングこそが、ベビーフットを使用すると良いタイミングです。

足裏の角質パックで失敗する原因は?

Shot of a young businesswoman looking stressed out in an office

足裏の角質パックで失敗する原因は、主に3つです。

1つ目は、きちんと付属の説明書を読んで理解をしていないということです。

少し使用方法がわかりにくいところがあったりするので、もう一度説明書をきちんと読んでおきましょう。

自分の足の角質の硬さに対して、足に浸したローションの使用時間が異なります。どの使用時間が適しているのか説明書を確認する必要があります。

2つ目は、普段あまり歩かない人も効果が出るのが遅いということです。

なぜなら、ベビーフットのジェルが浸透し、古い角質が柔らかくなります。

そこに歩行などの摩擦が加わって剥けてくる仕組みになっているからです。

3つ目は角質が厚すぎることです。

特に男性は女性と比べて角質がかちかちに硬くなっていることが多いです。

ものすごく硬くなった角質はベビーフットを使用しても、ジェルがしっかり浸透されないので、
べりっと綺麗に剥がれることは難しいです。

ベビーフットでうまく剥けない場合はどうすればよい?

では、どうすればベビーフットでうまく剥けるようになるでしょうか。

それは、ベビーフットを使用する前にきちんとお湯で柔らかくすることはお伝えしましたが、
使用後もお湯で柔らかくしておくことです。

そうすることで、角質が柔らかくなります。実践していなかった方はぜひお試しください。

また、角質が厚すぎる方は使用前に軽石やかかと削りである程度取っておいてからベビーフットを使用すると、ジェルがしっかり浸透するので効果がでやすくなりますよ。

このとき削りすぎると、ジェルがしみることがあるようなので、お気をつけください。

ベビーフットの選び方は?

ベビーフットを購入するときの選び方として迷うのが「時間」と「サイズ」ですよね。

時間は「30分の時短タイプ」と「60分のスタンダード」があり、サイズはS、M、Lがあります。

とにかく時短で終わらせたい、そこまで角質が硬くない方は30分の時短タイプが良いです。

しかし、角質が硬くて頑固な方は60分タイプがおすすめです。角質の状態で時間を考えるのが良いんですね。

また、サイズですが説明書通りで良いと思います。

☆Sサイズ:24㎝まで
☆Mサイズ:27㎝まで
☆Lサイズ(現在メンズ用):30㎝まで

だいたい女性でしたら、Sサイズで十分かと思います。

24㎝や27㎝などちょうど境目のサイズの方は大きいほうのサイズを購入しておくと安心
かもしれません。

ただその場合、つま先部分が少し余るので使用感は多少変わってきます。

ベビーフット以外にも角質ケアできる商品は沢山あります。

 

こちらはトリプルヒアルロン酸配合により従来の物より更にしっとりすべすべになったようです。

 

 

こちらはなんと漬け込みが不要の待ち時間0秒のスプレータイプです。

忙しくて時短タイプの30分も待ってられない方にはこちらがおすすめです。

ベビーフットの効果を上げるコツまとめ

今回はベビーフットの効果をあげるコツ・効果的な使い方についてまとめてみました。

私自身、ベビーフットを使用してから、サンダルも気兼ねなく履けるようになったり、急なお呼ばれにも気軽にいけるようになりました。

また、ストッキングを履くときに伝線しないかオロオロしなくてよくなったし、

かかとが柔らかいというだけで、なんだか若返った気さえしています。

娘にもママの足ふわふわと言われるようになり、毎日幸せを感じています。

せっかく購入したベビーフット、しっかりと最大限に効果を実感できるよう、ぜひ、試してみてください。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました